home 品川寺(毘沙門天)
品川寺

南品川3-5-17
京浜急行 青物横丁駅下車7分
電話:03-3474-3495
区内で一番古い寺、寺の入口には「江戸六地蔵」の一つが鎮座。境内の 「洋行帰りの鐘」は幕末、パリ万国博に出品されたあと行方不明 になり、昭和5年にジュネーブ市から返還され、これが縁で品川宿との交流 が始まった。
毘沙門天=インドの神。多聞天ともいい、東方を守る持国天・西方の広目天・南方の増長天とともに四天王の一尊として北方を守る武神。財宝富貴を守るといわれる。甲冑を着け、片手の掌上に宝塔をのせ、片手に宝棒もしくは鉾を持つ姿は北方守護神にふさわしい。宝塔は限りない財産を与えるという意味をもつ。

戻る

Copyright © 2012 Haguregumo.